ブログ

ビッグデータとは? ビッグデータを分析・活用するとどうなる?

「ビッグデータ」は近年新しく登場したワードですが、ビジネスで活用する事例が増えていくにつれ、今ではその存在は広く一般的なものになりました。

しかしビッグデータという言葉を聞いたことはあっても、詳しい内容はよく知らないという方は多いのではないでしょうか?

そこで、ビッグデータの定義や分析・活用によって得られるメリットなど、ビッグデータの基礎についてご紹介します。

ビッグデータとは巨大なデータの集合体

ビッグデータを収集・分析してビジネスや社会問題の解決をするイメージ図ビッグデータとは、一般的なデータベースでは扱えないほど巨大なデータのことです。
さまざまな情報をビッグデータとして収集・分析することで、ビジネスや社会問題の解決などに活用できます。

しかしデータの量が多いことだけを意味しているかというと、そうではありません。
ビッグデータを定義する要素として、次の「3つのV」が重要となります。

ビッグデータの特性を示す「3つのV」

1 Volume(量)
ペタバイトやエクサバイトなど、圧倒的なスケールのデータ量

2 Velocity(頻度・速度)
高頻度かつ大量に生成されるデータを、リアルタイムで高速に処理

3 Variety(多様性)
テキスト、音声、動画などデータの種類が多彩

このようにビッグデータは膨大なデータ量に加えて、多様なデータを取り扱っており、それらを高速で処理します。

従来の技術や人の手では処理が大変だった種類のデータでも、ビッグデータであれば分析・活用が可能です。
これにより、大量のデータから新たな知見を見出したり、適切な意思決定を下したりするのに役立てられます。

ビッグデータの活用が求められる背景とは

データを集めて分析・活用すること自体は古くから行われており、最近になって新しく始まった手法ではありません。

それにも関わらず、現在ビッグデータが注目を集めている背景には、

  • パソコンやスマホが普及し、社会に流通するデータ量が爆発的に増加したから
  • テクノロジーの進化により、膨大なデータ量の処理・分析が可能になったから

という2つの理由があります。

特にAI(人工知能)の発達は著しく、人の手では難しい複雑で大量のデータもリアルタイムで処理できるようになりました。

多様化する顧客のニーズに素早く対応し、変化の激しいビジネス環境を生き残るには、情報やデータをいかに活用するかがポイントとなります。

適切な意思決定をする上で欠かせないのは、データから導き出された分析結果を有効活用することです。
経験や勘を頼りにしていては、現実に即した判断を下すことは困難です。

このようにビッグデータは経営判断に大きな影響を与える存在であり、今後データ量がさらに増えていく中で、その存在感はより強くなっていくでしょう。

ビッグデータの分析・活用で得られる価値

ビッグデータで扱うデータは、顧客データや地域・製品ごとの売上データ、サイトの閲覧データ、製造の作業工数などさまざまです。

ビッグデータ単体ではただのデータの集合体に過ぎませんが、目的に沿ってデータを収集・分析をすることにより、データから新たな価値を生み出すことができます。
いくつか例を挙げてみましょう。

  • 将来の市場の動きやニーズの予測
  • 事業の課題やリスクの抽出
  • 業務プロセスの効率化・最適化
  • 需要予測による生産量・出荷量の調整
  • 一人ひとりのユーザーに合った最適な提案

このようにビッグデータを分析することで、正しい現状の把握や将来の傾向を予測し、適切な意思決定を迅速に行うことができます。
ビッグデータの分析結果をサービスに組み込み、ユーザーに最適な提案をリアルタイムで行うことも可能です。

一方で、データを分析して気づきや知見を得るには、相応のノウハウやスキルが必要であり、データを集めても十分な活用ができていないという声も少なくありません。
また膨大なデータを運用するため、取り扱いを間違えれば情報漏洩につながるおそれもあります。

社内での運用が難しい、あるいは不安があるという場合は、データを専門に取り扱うパートナー会社に相談すると良いでしょう。

ビッグデータを分析・活用した事例

ビッグデータを分析・活用した事例は、私たちの身近なところにあります。

ECサイトで顧客のニーズを把握

例えば、Amazonや楽天などのECサイト。
気になる商品を眺めていると、さまざまなオススメ商品が提案され、自分の興味がある商品が見事に並んでいたという経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

そのオススメ商品は、ビッグデータによってユーザーの趣向や欲しいものを分析し、過去のデータと照らし合わせてはじき出されたものです。
このようにビッグデータはECサイトと相性が良く、レコメンド機能を活用することで、さらなる売上拡大を図ることができます。

また自社が保有する内部データのほかに、TwitterなどのSNSに投稿された外部データを活用するという方法もあります。
そのようなデータは「ソーシャルビッグデータ」と呼ばれ、ユーザーの生の声をダイレクトに把握できるので、市場調査やニーズの予測、炎上監視などに役立ちます。

例えば、海外観光客がTwitterに投稿した内容を見れば、誰が・いつ・どこで・何をしたかなどが分かります。
そのようなデータを大量に集めて分析すれば、インバウンド対策におけるニーズや課題を把握することが可能です。

弊社ではソーシャルビッグデータ検索ツール「beInsight(ビーインサイト)」を提供しており、数多くのネットメディアから独自に口コミデータを収集・蓄積しています。
ビッグデータを手軽な価格で利用できるので、ユーザーの声をビジネスに生かしたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

変化が目まぐるしいビジネス環境において、適切な意思決定を下すのに必要なのはデータです。
経験や勘に頼るのではなく、データを分析して事業に役立つヒントや新たな知見を得ることが、競争優位性を築く要となります。

今後は市場の変化はますます加速し、顧客のニーズもさらに多様化・複雑化していきます。
そのような背景の中で、ビッグデータの存在はより重要度を増していくでしょう。

ビッグデータを活用する基盤を整えれば、ニーズの予測やリスク軽減、業務の最適化など、新たな価値を生み出してくれるはずです。