ブログ

単語発見ファイルVol.3「紫式部」(2019年2月3日~2月9日)

単語発見ファイルとは

「単語発見ファイル」の連載では、ソーシャル・ビッグデータの検索ツールbeInsightの単語発見機能でみつけた、気になる単語をご紹介します。

単語発見とは

今後流行りそうな何か」や「特定の人たちに熱狂的に支持されている何か」の発見を支援する機能です。Twitterの投稿内容を自動分類し、分類されたカテゴリごとに話題指数が大きい単語をランキングで表示します。
この機能で、各種キャンペーンやプロモーションに活かせるようなブームの兆しを見つけ、早期に対策を打つ、といった使い方をオススメしています。

2019年2月3日~2月9日の話題単語

「紫式部」

突然、まさに思いもかけずに出現した「紫式部」という単語。
先週のツイート状況がこちら。

果たしてその理由は那辺にあるのか調べてみると、「Fate/Grand Order」というスマホゲームに登場するキャラクター名だとのこと*1。豈図らんや、ゲームのキャラとは。それなら突然の出現にも納得がいく。
数年前、「れきじょ=歴女」なる言葉が流行ったが、その来歴は、もしかしたらこのようなゲームから来たのかもしれないと思った。ネット上には歴史を題材としたゲームの主要キャラ(歴史上の実在の人物、戦国武将等)や、そこに登場する城にまで「かわいい」という形容詞を使っているのがよくみられる。この言葉遣いは筆者にはどうもまねができないが、単語が指し示す対象が移り変わっていく様は非常に興味深い。

紫式部の同時代の宮中には、ライバルとも称される清少納言がいた。紫式部がゲームのキャラとして登場したことによって、清少納言も実装されるのではと、Twitterでトレンドになった*2ほどだ。
この二人の女性は、性格的に正反対であったことがよく知られている。紫式部は後の世で自分がゲームのキャラに再登場していると知って、「なんで私が……」と困惑するかもしれない。また、一方の清少納言は、「キャハハー」といって嬉しがるのではなかろうか。「陰」の紫式部に対し「陽」の清少納言。「あはれ」の紫式部に対して「いとをかし」の清少納言とも言えるか……。

さて、このようなコンテンツについてソーシャルリスニングする場合、分析対象の口コミデータを「実在の人物に対する口コミ」か「コンテンツに対する口コミ」か、前処理の段階で仕分けすることが重要になってくる。そういった別話題の前処理方法については、別記事を設けて紹介することにしたい。


*1 期間限定イベント「バレンタイン2019 ボイス&レター・これくしょん!~紫式部と7つの呪本~」開催!(TYPE-MOON)
https://news.fate-go.jp/2019/valentine2019/

*2 清少納言 X トレンド(ついっぷるトレンド)
https://tr.twipple.jp/h/5a/d3/清少納言xトレンド.html