ブログ

単語発見ファイルVol.16 「三大怪獣 地球最大の決戦」(2019年5月12日~5月18日)

単語発見ファイルとは

「単語発見ファイル」の連載では、ソーシャル・ビッグデータの検索ツールbeInsightの単語発見機能でみつけた、気になる単語をご紹介します。

単語発見とは

今後流行りそうな何か」や「特定の人たちに熱狂的に支持されている何か」の発見を支援する機能です。Twitterの投稿内容を自動分類し、分類されたカテゴリごとに話題指数が大きい単語をランキングで表示します。
この機能で、各種キャンペーンやプロモーションに活かせるようなブームの兆しを見つけ、早期に対策を打つ、といった使い方をオススメしています。

2019年5月12日~5月18日の話題単語

「三大怪獣 地球最大の決戦」

映画や特撮のカテゴリで、1964年に劇場公開された映画「三大怪獣 地球最大の決戦」を示す単語が複数話題に挙がった。タイトルの指す三大怪獣とは地球の三大怪獣「ゴジラ」「ラドン」「モスラ」のことで、映画にはその三大怪獣に加え宇宙怪獣「キングギドラ」が登場する[1]

今頃になって1964年のゴジラ映画作品が話題になっているようだがなぜだろうか。
以下は映画カテゴリに分類された「地球最大」の単語推移である。

口コミ内容をみると、「月末公開の新作ゴジラ」に備えて「Amazonプライムビデオ」で視聴している様子がうかがえる。

月末公開の新作ゴジラについて調べてみると、どうやらこれは、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」のことらしい。公式サイトを確認してみると、これは2014年に公開されたハリウッド版ゴジラ(「GODZILLA ゴジラ」)の続編にあたる作品のよう。この新作に登場する怪獣は「ゴジラ、モスラ、ラドン、そしてキングギドラ───。」と記載されている[2]
なるほど、「新作を存分に楽しむための準備として原作にあたる日本映画を観ておく」というファン層の行動の結果として、これらの単語が話題にあがったようだ。

また、Amazonプライムビデオでは、「三大怪獣 地球最大の決戦」を含むゴジラ実写映画31作品が5月18日より見放題となっている[3]。タイミング的にも新作映画の販促の一環でなかろうか。

シリーズものの映画やドラマ、小説などの新作が発売されるとストーリーや登場人物の繋がりを思い出したくて、過去作品を見直したくなるのは当然のファン心理と思われる。それは原作のリメイクや別メディアでの展開でもそうだろう。たとえ前作や原作を見ていない人でも楽しめる作りになっていたとしても、新作では語られない背景や隠された原作のオマージュまで楽しむためにはやはり、前作・原作を知っておくことが必要だからだ。

Amazonプライムビデオなどの定額制サービスのおかげで、過去作品の一気見もし易くなったとはいえ、今回の口コミからはファン層の新作映画に対する高い期待の表れだ。新作映画の前評判は中々好評のようであるが、過去作を一気見して新作上映に臨むようなコアなファン層も、過去作を知らない新規ファン層も満足できる内容となっているかは、上映開始を待たないとわからない。
今後、映画ジャンルで「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の関連単語が上昇してくるのか、推移を見守りたい。


  1. ウィキペディアより
    三大怪獣 地球最大の決戦 | Wikipedia ↩︎
  2. ほかにも登場する怪獣はいるらしい。
    ゴジラ再び…31日公開のハリウッド版最新作 4大怪獣バトルがベールを脱いだ! | スポニチアネックス ↩︎
  3. ねとらぼより
    「ゴジラ」実写映画、31作品がAmazon Prime Videoで見放題に! | ねとらぼ ↩︎