beInsightとは

日本最大級のビッグデータ検索ツール

95媒体・2000億件を網羅!独自に収集・蓄積したソーシャル・ビックデータ検索ツール

自社や自社商品、広告宣伝・キャンペーンの評判分析、炎上や風評被害の監視など、SNSをはじめとするネット上の様々な情報を活用することの重要性は増すばかりです。しかし、情報収集にかかる手間とコストは依然として膨大なものとなっており、マーケティング活動に有効活用されることを阻む最大の要因となっています。
こうした現状を打破すべくネイチャーインサイト独自の技術で開発されたのが、〝ソーシャルビックデータ検索ツールbeInsight〟なのです。

顧客の声を集める、データ収集に特化したbeInsight

beInsightは、SNS・ブログ・レビュー・Q&A・ニュースといった計95媒体から独自にテキストデータを収集しています。
蓄積された2,000億件にも及ぶ膨大なデータベースに瞬時にアクセス・閲覧・ダウンロードできる国内最大級のソーシャルビッグデータ検索ツールです。

データ収集に関する課題解決

ソーシャル・ビッグデータの活用例

消費者ニーズ先取り!自社製品の開発サービス提供に!!

「今後の流⾏」「ユーザーインサイト」「消費者の動きの予兆」を知りたい、そんなマーケターニーズにお応えします。

お客様の意見クレームが分かる!製品やサービス品質向上へ!!

指定キーワードを直近25時間で時間帯別にモニタリング。”5ちゃんねる”やその他SNSサイトで急増した指定キーワードをメールでタイムリーにお知らせ。炎上監視やキャンペーントレースといった、⾵評対策、リスク対策からスピーディな品質向上が可能になります。

自由な切り口で分析するためのデータを収集=原文ダウンロード

データの分析には、収集したデータの「質」が問われます。
beInsightでは、従来のソーシャルリスニングツールにはなかった「原文ダウンロード」により、消費者の声を“そのまま”取得することができます。

“そのまま”のデータをダウンロードできることにより、ユーザーインサイト・潜在顧客調査、更には炎上監視の精度を各段に上げます。
それがbeInsight最⼤のメリットです。
また、beInsightでダウンロードしたデータ(原⽂)の分析⽅法は⾃由⾃在。
マーケターの思いのままに顧客の”⽣の声”をそのままご利⽤中の分析ツールで解析できます。

より自由で、正確な分析を可能にするデータ収集・蓄積ツール、それがbeInsightです。